MENU

ビッグカメラでソフトバンク光の申し込み?!

 

「ソフトバンク光へ申し込みをしたい!」
「それなら、できるだけ得をしたい!」

 

あなたも含め、誰でも同じ気持ちを抱くはずです。

 

結論から言うと、WEBの代理店で申し込みをしたほうが、キャッシュバック金額&振込速度が速いです!

 

【ビッグカメラ】

  • JCB商品券1万円分

 

【当サイトおすすめ代理店】

  • 新規:24,000円
  • 他社転用:11,000円
  • オプション不要
  • 開通後最短2か月で振り込み

 

 

  • ヤマダ電機:なし
  • ケーズデンキ:JCB商品券1万円分
  • エディオン:JCB商品券1万円分
  • ヨドバシカメラ:JCB商品券1万円分

 

※新規回線の契約のみ
※転用は対象外です
※キャンペーンは月によって異なります。

 

 

※ちなみにどこで申し込みをしても”公式キャンペーン”は適用されるため、ご安心ください。

 

株式会社NEXT

 



 

【キャッシュバック】

  • 新規:24,000円
  • 他社転用:11,000円
  • オプション不要
  • キャッシュバックは電話案内時!
  • 開通後:最短2か月〜で振込

 

ソフトバンクから表彰状を授与された株式会社NEXT。

 

キャッシュバックが多い&信頼性が抜群なので、イチオシです!

 

>>SoftBank光なら【SoftBank光.net】

 

株式会社アウンカンパニー

 



 

【キャッシュバック】

  • 新規:24,000円
  • 他社転用:11,000円
  • オプション不要
  • キャッシュバックは電話案内時!
  • 開通後:最短2か月〜で振込

 

ソフトバンクから表彰状を授与された株式会社NEXT。

 

キャッシュバックが多い&信頼性が抜群なので、イチオシです!

 

>>SoftBank Airキャンペーン!高額キャッシュバック

 

コラム:大手家電量販店のビッグカメラの魅力

 

大手家電量販店のビッグカメラの魅力としては、その商品取り扱い数の種類の多さにあります。

 

ビックカメラは店舗もインターネットショップも両方展開しており、実際に商品を見ながら購入したい方向けには店舗での対応が最適ですし、
多くの商品の中からじっくり選びたいからはインターネットショップで購入するのが適しています。

 

店舗で買い物をしていると、その店員の商品知識の豊富さに驚かされるほど、一人一人の店員は専門知識が豊富です。

 

そのため、家電製品を購入したいけどどれを選べばよいかわからない、と考えている方はどの商品がなぜお勧めなのかについてわかりやすい説明をしてもらえるビックカメラは買い物をするのに最適なショップと言えます。

 

ショップによっては店員が商品を勧めてくるだけのところもありますが、

 

ビックカメラは一人一人のスタッフの専門知識が豊富ですので安心して商品選びをすることが出来ますし、

 

価格極限まで割引してもらえるのが魅力です。インターネットショップでは多くの商品の中からじっくりほしい商品を選ぶことが出来ますし、
ポイントも付きますので頻繁に買い物をしているとどんどんお得に買い物ができます。

 

送料が無料な点も高い支持を受けています。

 

ソフトバンク光の特徴&魅力を解説

 

最近は各家庭においてインターネット回線を使用して様々なサービスを利用しています。

 

そしてインターネットの接続方法としまして主流となっているのが光ファイバーを利用したサービスです。この光ファイバーでは多くのデーターをやり取りできる特徴が有りまして、
高速ネットワークを構築する事が可能です。

 

そしてソフトバンク光は光ファイバーを利用したサービス提供を行っていますが、この会社のサービスの魅力としましては、スマートフォンの契約会社をソフトバンクに変更しますと、
スマートフォンの利用料金が割引適用となりお得に利用出来る点が挙げられます。

 

しかもソフトバンク光ではインターネットサービス1回線の利用で、家族や離れて暮らす親も含めて最大10人まで携帯料金の割引サービスを受けられます。

 

そして気になるソフトバンク光の月額料金については、集合住宅では3800円とADSLとほぼ変わらない値段で利用を行えます。

 

そして現在、他社光ファイバーを利用している方がソフトバンク光に契約を変更した場合には、
他社の契約との違約金や撤去工事費用を還元してくれるサービスも行っていますので安心してソフトバンク光に乗り換えを行う事が可能です。

 

 

ネット回線:疑問について

 

ソフトバンク光が気になる人

 

光電話※メリット・デメリット

 

インターネット回線の光電話は、従来のメタルケーブルによる回線を利用しないで、
光ファイバーケーブルを利用して音声電話を利用できるサービスとなります。

 

光電話は光インターネット回線の契約と同時にお申し込みをすることが可能で、多くの家庭でも普及しています。

 

まず光電話にするメリットとしては、月額の利用料金自体が割安である点です。月額500円の基本料金から利用できるので、従来の基本料金よりも割安になります。

 

しかも通話料も日本全国どこにかけても3分で8円となるため、アナログ電話よりも断然、通話料自体も割安です。

 

また光電話の優れた点は、ノイズの発生がほとんどないため音質が優れており、クリアで鮮明な通話のやりとりを行うことが出来る点もメリットとなります。

 

一方、デメリット面としては、停電時などに使用できない、専用の光電話対応の機器が必要となったりすることです。

 

他にも光インターネット回線と同時にお申し込みをする必要があり、単独で契約をすることができない点も存在します。

 

停電時は例えば、緊急車両の手配が必要となった場合には、電話をかけることができないため、広域的な震災などで停電が発生すると利用できず
、震災などに弱い点もあります。このような緊急な停電のためにモバイルバッテリを常時用意しておくことが重要です。

 

 

新規と転用の違いとは?

 

新規でインターネット回線を契約する場合、フレッツ光とプロバイダとの契約を締結する方法と光コラボレーション業者と契約する方法の二つが存在します。

 

新規は元々、インターネット回線の契約自体が存在しないため、新たに契約を行うことでインターネットを接続できる様になります。

 

従ってインターネット接続を行うためには、二つの方法でインターネット回線を契約することが必要不可欠です。

 

一方、転用というのは、インターネット回線をフレッツ光とプロバイダとの契約で提供されている状態を、光コラボレーション業者と新たに契約を行うこととなります。

 

新規と転用の違いは、インターネット回線の契約があったか否かの違いで、フレッツ光とプロバイダとの契約がある場合に生じます。

 

 

実際にはフレッツ光より転用承諾番号が発行されるため、それを受け取り新しく契約する光コラボレーション業者に転用承諾番号を伝えることで転用することが可能です。

 

料金の支払いは、転用前だとフレッツ光とプロバイダの2箇所に支払いを行う必要がありましたが、転用後では光コラボレーション業者にのみ料金を支払うこととなります。

 

インターネット回線の料金自体も光コラボレーションでの契約をした方が抑えられる可能性もあります。